気持ちいい洗顔石鹸 | youmakemehatemusic

毎日の洗顔で美人になろう。 - 弱酸性か弱アルカリ性を選ぶ

弱酸性か弱アルカリ性を選ぶ

hsm5axdjx8enw25最近は弱酸性のものが肌にはいいと言われており、ボディーソープなどには弱酸性のものが出てきています。
ですが、弱酸性が全てにおいていいと言うことは無く、場合によっては違う場合もあるのです。
例えば弱酸性の洗顔石鹸で洗顔をしても、それで肌荒れを起こしてしまう人はいるのです。
汚れを落とす力を考えると、弱酸性は肌に優しい分だけ、洗浄力も弱い場合もあるのです。
弱ければしっかりと洗うようになりますか、それが肌を傷める原因にもなってしまうのです。
ですから洗顔石鹸などでは、弱酸性ではなく弱アルカリ性のものがたくさんあります。
こういったものはしっかりと汚れを落としてくれますし、保湿成分などを配合することで潤いも保てるのです。

弱酸性を望む

やはり洗顔には洗顔石鹸のように、きちんとしたものを使った方がいいのではないでしょうか。
肌が弱いなど弱酸性を望む人もいるでしょうし、それほど気にならない人は弱アルカリ性を選ぶなど、自分が求めるものをしっかりと考える事も重要なのです。
洗顔石鹸が弱酸性の場合には、しっとり感を感じられるものもありますが、そこには油分が残っている可能性もあるのです。
油分は酸化もしますし、それが老化に繋がる可能性もあるのです。
洗顔石鹸は弱アルカリ性を選ぶなど、しっかりとした考えで選ぶようにしましょう。